手抜きベジタリアンの大豆&豆乳ブログ

豆腐・大豆・豆乳を愛する、なまけものベジタリアンによる情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きな粉と大豆粉の違いを調べてみた

きな粉=大豆の粉ではありますが、きな粉=大豆粉ではありません。
違いが気になったので、ちょっと調べてみました。

きな粉って何だ?


「きな粉」は大豆をしっかり煎ったのちに粉状にしたもの。生で食べることができ、炒りたての新鮮なものほど香ばしい風味があります。

皆さんご存知のように、日本では昔からおはぎ、わらび餅などの和菓子に使われています。最近では、きな粉入りのドリンクやクッキーなどの商品も出ていますね。

参考:和菓子用語集ーきな粉(きなこ)

大豆粉って何だ?


大豆粉は乾燥した大豆をそのまま粉砕して粒子状にしたもの。こちらは火が通ってはいないので、生ではおいしくありません。

タンパク質補給、糖質のカット、グルテンアレルギーなどの理由から、小麦粉の代用品として料理、お菓子、パン・パスタ作りに使われたりします。また、豆腐や豆乳、プロテインバー、ドッグフード(!)などの原材料にも含まれていることもあります。

参考:参考:西尾製粉株式会社 大豆粉

まとめ


きな粉と大豆粉の違いは、粉状にする前の時点で、火が通っているか通っていないかの違いなんですね。

きな粉(写真左)、大豆粉(写真右)ともにお菓子材料店などで買えますが、きな粉は国産大豆を使ったもの、大豆粉は輸入品が多いようです。

スポンサーサイト

テーマ:知識・雑学 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。