FC2ブログ

手抜きベジタリアンの大豆&豆乳ブログ

豆腐・大豆・豆乳を愛する、なまけものベジタリアンによる情報ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Soy」の起源は「しょうゆ」

英語で大豆一般を表す「soy(ソイ)」という単語は、日本語、それも鹿児島弁の「そい(醤油)」という発音からきているらしいのです。

「醤油」は、中国語の「醤」(大豆ペースト)と「油」(オイルではなく、「ソース状のもの」という意味らしい)という言葉の組み合わせ。でも、中国語だと発音は「jiàng yóu(チャンヨウ)」。

昌伝庵 歳時記さんというサイトによりますと、
薩英戦争後に、その近代兵器のすごさを認識した薩摩藩はイギリスと貿易を始めますが、そのとき輸出した醤油を鹿児島弁のまま輸出しました。(鹿児島弁で醤油のことを「そい」と言います。
それで、醤油=ソイのままイギリスに渡り、醤油が英語で ソイソース (soy sauce) となったのでした。

だとか!

鹿児島弁と英語、意外なつながりがあったんですね~。
スポンサーサイト

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。